江戸指物の姿見を修理する

江戸指物の姿見を修理する

 

フレームが割れて、鏡がぐらついている。

初めての作業ですし、構造が解らないのですが何とかやってみます。

 

edosugata20121201

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームの破損箇所です。

edosugata20121202

edosugata20121202

 

 

 

 

 

 

 

 

edosugata20121204

 

 

フレームが破損している事で、

裏板と鏡が固定されていません。

 

 

 

 

 

 

縦の材と横の材を雇い実加工をしていますので、

元の実を取り除き、あらたな実を作成し、接着します。

フレームに支えられていた鏡と裏板がしっかり固定されている事を確認して完成です。

edosugata20121205

 

 

 

 

大丈夫です。

 

 

 

 

 

edosugata20121206

 

 

 

 

手塗りのウレタン塗装を施して完成です。

 

 

 

 

勉強できる事がたくさんあった修理でした。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。