J.L.moller No.85 張替え 実績100脚記念回!

J.L.mollerのダイニングチェア、No83の張替です。

recasejm8302

今回ご依頼頂いた6脚でJ.L.mollerシリーズの張替実績が100脚を超えました!

そこで、今回は少しだけ詳しく写真を撮る事に。

いきなり余談ですが、

J.L.mollerの脚のデザインに太い物と細い物があります。

※初期のモデルに丸でなく角のデザインもあります。

脚のデザインによって椅子本体の重さが変わり、座った時に感じる重厚感も変わります。

J.L.mollerの全てのモデルをリペアにてお預かりする機会に恵まれましたが、

それぞれの良さを感じる事が出来た事は本当に幸せな事だと思ってます。

さて、余談が長くなりました。

recasejm8303

お客様からお預かりしたモラーの椅子は10数年経過しており、

中のウレタンは粉になっています。

 

モラーの椅子の特徴であるウェービング。

このウェービングは樹脂製で、張替時にしっかりと張り直す事が 大事です。

recasejm8304

全てのウェービングを張り直し、

その上に張ってある不織布も張り直します。

ウレタンフォームを張ります。

この時にお店の前を通られた方から「黄色い座面も良いですね!」とお声を頂き、

その方のダイニングチェアを黄色に張替依頼を頂きました。有り難う御座います!

※黄色い生地にはしませんでしたよ。

recasejm8307

お客様と一緒に選んだ生地を張ります。

recasejm8308

作業中の私です。

ちょうど花粉の時期でしたのでマスクです。

recasejm8309

6脚全て完成しました。

年月を経て素晴らしい色になったチークのフレームに

真新しい生地が美しいJ.L.mollerのNo83ダイニングチェアです。

今回はJ.L.mollerのリペア100脚突破記念として事例を特別編でお送りしました。

長文をお読み頂き有り難う御座いました!

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。