バタフライテーブルの再塗装と修理

バタフライダイニングテーブルの修理と再塗装です。

nobta2015012

チークのバタフライダイニングテーブルです。

nobta2015013

黒く変色してしまっています。

熱い食器を置いてしまった際に出来た輪シミがあります。

nobta201501

引き出しが付いています。

ちょっとした事ですが、

ダイニングテーブルとして使用しているので重宝しそうです。

 

突き板仕上げの天板の場合、研磨出来る厚みが限られてきます。

そのため、小さな凹み(物を落とした時に出来るような)はパテで埋める方法がありますが、

塗装方法により色が乗らない事もあります。

お客様と相談しながら仕上げ方法を打ち合わせします。

 

nobta2015014

綺麗に仕上がりました。

オイルフィニッシュ。

nobta2015015

綺麗にする前に目立ちませんでしたが、

天板の木目がシンメトリーで美しい。

 

お客様のご自宅へ納品後、補助天板を支える折り金具を現場交換しました。

 

新居に移られた後のお納めでした。

始まる新しい生活に馴染みの家具を大事に使い続けていく事。

リペアマン冥利に尽きる事ではないでしょうか。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード

現在、コメントフォームは閉鎖中です。